水回りが汚れる理由

水回り場所により、それぞれ汚れの違いがあります。たかが「水」ですがこれが曲者です。たとえば台所ですが、水道水に含まれるケイ酸が蓄積したものが水垢や湯垢です。すぐに水拭きするか中性洗剤でほとんど落ちますが放置するほどにやっかいな汚れと変化します。また、細菌やカビなどの微生物が増殖してかたまりになることもあります。こまめに汚れを落とすことが必要です。浴室は家の中でもっとも汚れやすい場所の一つであり、暖かく湿度が高いため手入れを怠るとカビも生えます。やはりここでも水道水に含まれるケイ酸が次第に堆積してザラザラ・ヌメヌメする汚れの水垢や湯垢を作ります。ついてすぐなら水洗いで簡単に落とせますが、こびりついた汚れは浴室用中性洗剤でこすり落とします。

また白っぽくて固い汚れがあります。これは石鹸分や身体の脂肪分が水道水に含まれるカルシウム等の金属成分と反応してできる汚れです。蓄積した頑固な汚れは浴室用クリームクレンザーを使用します。トイレにも水の中の汚れが付着する水性汚れ、水あかがあります。白色水性汚れは水に含まれるカルシウムやマグネシウムが水の蒸発後そのまま残る汚れです。水がつくと消失したように見えますが乾燥すると再び現れます。茶色水性汚れは水が常に流れているところに発生しやす汚れですがこすると落ちやすい汚れです。