水回りと専門家

台所や浴室、トイレ、洗面台等についた汚れは、すぐに対処すると汚れが残らずに清潔に保つことができます。しかし最近は時間に日々追われ、わかってはいるのですがなかなか行動に移せず掃除を後回しになりつつあります。汚れはこまめに掃除しないと頑固な汚れとなります。そして気付いてから汚れを落とそうとしても落ちません。そういった汚れにより排水溝やトイレのつまりが発生し、自己解決できない状態になってしまいます。つまり悪循環です。

そこで汚れのエキスパートが登場します。水回り掃除サービスであり、いわば掃除のプロです。この掃除のプロは家庭においての快適に楽しい生活を送るための手伝いとしての掃除です。水回りの掃除に特化して専門的な技術を提供します。「掃除を業者に依頼するなんて」「掃除は自分でするのが当たり前」「他人を自宅にいれるのは抵抗がある」等さまざまな不快感や不信感は持つものです。

しかし掃除を業者に依頼することで、その利便性と快適性を知ることができます。業者は優秀なスタッフの育成やヘッドハンティングによって質の高い人材と技術を提供しますし、利用者の立場にたって掃除を行ってくれます。使用する道具や技術も、改良に改良を重ねきれいにそして早くと進化しています。そしてなによりも強みは、多くの経験と知識を持った専門家が我が家の水回りを綺麗に清潔にするために掃除をしてくれます。技術料や洗剤等の消耗品代込の価格は支払うことになりますが考え方次第では手に届かなかった汚れを排除してもらい清潔で快適な空間を提供してもらえるのならば価格に見合った商品ではないでしょうか。また、掃除をさぼったせいで排水溝やトイレのつまりが発生してしまった場合にも、必ずその道のプロを呼びましょう。普段の掃除の延長と思って自分で解決しようとすると、悪化してしまう場合があります。業者へ依頼するのが解決への近道です。

参照LINK〔水道救急センター〕
トイレつまりトラブルに駆けつけてもらえる“水道救急センター”です。

水回りが汚れる理由

水回り場所により、それぞれ汚れの違いがあります。たかが「水」ですがこれが曲者です。たとえば台所ですが、水道水に含まれるケイ酸が蓄積したものが水垢や湯垢です。すぐに水拭きするか中性洗剤でほとんど落ちますが放置するほどにやっかいな汚れと変化します。また、細菌やカビなどの微生物が増殖してかたまりになることもあります。こまめに汚れを落とすことが必要です。浴室は家の中でもっとも汚れやすい場所の一つであり、暖かく湿度が高いため手入れを怠るとカビも生えます。やはりここでも水道水に含まれるケイ酸が次第に堆積してザラザラ・ヌメヌメする汚れの水垢や湯垢を作ります。ついてすぐなら水洗いで簡単に落とせますが、こびりついた汚れは浴室用中性洗剤でこすり落とします。

また白っぽくて固い汚れがあります。これは石鹸分や身体の脂肪分が水道水に含まれるカルシウム等の金属成分と反応してできる汚れです。蓄積した頑固な汚れは浴室用クリームクレンザーを使用します。トイレにも水の中の汚れが付着する水性汚れ、水あかがあります。白色水性汚れは水に含まれるカルシウムやマグネシウムが水の蒸発後そのまま残る汚れです。水がつくと消失したように見えますが乾燥すると再び現れます。茶色水性汚れは水が常に流れているところに発生しやす汚れですがこすると落ちやすい汚れです。

水回り産業

「水回り」とは建物の中で台所・トイレ・洗面台など、水を使う場所です。この水回りですが、水を使う場所にいろいろな産業が介入しています。たとえば掃除用品部門ならば、大手企業から個人まで幅広く研究開発されており、水回りグッズや掃除に必要な洗剤等が販売されていたり、さまざまな情報を得たりすることができます。そして、個人でも水回りを快適にする方法があります。簡単に水回りの汚れが落ちる商品をホームセンターやスーパーの店頭でまたインターネットの情報等で探し購入します。その他にも補修部品や消耗品の販売品も購入できます。ですから、個人でも取り入れることが容易で可能です。お金と時間はかかりますが、個人の動力で水回りを改善することは達成感と快感、快適さを得ることができますし、水回りに対しての知識や考え方も生まれています。

また台所、風呂、トイレ等の器具取り替えを含み業者に依頼する方法もあります。業者は専門家=プロとして水回り掃除や修理・調整等も水回りを改善するために日々研究・開発されています。また水回り掃除業者や水回りに関わる業者等は最高の技術を提供したいと勉強会や同業他社との技術知識交換を定期的に行い日々成長しています。こちらも時間とお金はかかりますが業者と相談し納得した上での水回り改善策は個人で行うよりも時間や金額に見合うそれ以上の成果があります。このように水回りは利用者の需要と供給がある、進化・発展している水回り産業です。そしてまだまだ終わりがないのが進化し続ける分野の水回り産業です。